ホーム >

用語集

用語集

干渉チェック閲覧された回数:0

干渉チェックとは、3D CADやDMUツールにおいて、アセンブリに含まれる部品間のぶつかり(干渉)を調べる機能のことである。開発・設計の段階で干渉箇所が検出できることにより、製造工程において干渉に気付・・・(→続き)

ガントチャート閲覧された回数:0

ガントチャート(英:Gantt chart)とは、作業計画を視覚的に表現するために用いられる表の一種である。棒グラフの一種でもあり、横棒によって作業の進捗状況を表す。プロジェクトマネジメントなどで、作・・・(→続き)

CAD閲覧された回数:0

CAD(英:Computer Aided Design)とは、コンピュータを使用して設計や製図ができるシステムのことである。機械用、建築用、電気用など、利用する分野ごとに様々な種類が存在する。また、デ・・・(→続き)

CAM閲覧された回数:0

CAM(英:Computer Aided Manufacturing)とは、コンピュータ上で工作機械の制御プログラム(NCデータ)を作成できるシステムのことである。CAMは、CADデータの形状情報を読・・・(→続き)

技術伝承閲覧された回数:0

技術伝承とは、製造業において、熟練技術者が持っている経験・知識・ノウハウを、中堅や若手の技術者に継承することである。熟練技術者が持つ知識は暗黙知であることが多く、継承することが難しいといった課題がある・・・(→続き)

クラッシング閲覧された回数:0

クラッシング(英:Crashing)とは、スケジュール管理手法の一つであり、リソースを追加することでスケジュールを短縮させる方法のことである。例えば、一人だと5日間かかる作業に、人員を二人投入すること・・・(→続き)

クリアランス閲覧された回数:0

クリアランスとは、自動車設計におけるエンジンとハーネス間や、電気設計における配線パターン間など、法規制や社内ルールで決められた、部品・物体間に確保すべき距離(間隔、隙間)のことである。3D CADを利・・・(→続き)

形式知閲覧された回数:0

形式知とは、主に文章・図表・数式などによって説明・表現できる知識のことであり、誰にも認識が可能で、客観的にとらえることができる知識のことである。ナレッジマネジメントの目的は、個人(Ex. 熟練技術者)・・・(→続き)

原価企画閲覧された回数:0

原価企画とは、製品開発プロセスの初期段階で製品にかかる目標原価を設定し、その達成のために関係部門(Ex. マーケティング、生産技術、購買)が施策や販売価格などを検討する活動のことである。目標原価は、E・・・(→続き)

公差閲覧された回数:0

公差(英:tolerance)とは、製図の際に意図された寸法に対して、許容できる誤差の範囲を示すものである。例えば、長さ100mmのシャフトを製造する場合、許容できる誤差が99.8mmから100.1m・・・(→続き)

  • 1
  • 2
  • 次へ

ページトップへ