ホーム >

導入事例

だから、PreSightに決めました!

導入事例

トーソー株式会社 様

(本文より)・・・従来ならばバリエーション単体毎にコスト試算を行うという業務でしたが、複数バリエーションを一気に試算できるようにしました。システムレスポンスの向上と併せ、8時間かかっていた業務が1/4の2時間で実施できるようになっています。また、現在は国内工場(2拠点)のみならず製品に関連するドキュメントの作成・管理のインフラとして本社マーケティング部門へも活用範囲を広げました。・・・(続きは本文をご覧ください)

詳細はこちら

オージー技研株式会社様

(本文より)・・・Visual BOMを選定した理由はいくつかありますが、機能面で大きかったのはCADとの連携性と、3D情報の活用です。・・・(中略)・・・Visual BOMでは、CADデータを元に、3Dビジュアルデータと様々な属性情報を自動で取り込むことが可能です。それらの情報をWebブラウザを用いて設計以外の部門も含めて素早く共有することで、品質の作りこみなどに活用していけると考えました。・・・(続きは本文をご覧ください)

詳細はこちら

富士ホールディングス株式会社 様

(本文より)・・・設計部門においては、よりシステムを充実させて効率化を進めると同時に、設計データ、特に3Dデータの活用を行いながら、そのような目標に向かっていく必要があると考えています。そこで、製品開発・設計工程だけでなく、全社を見据えた最適なシステムを構築するべく、システムの刷新プロジェクトをスタートさせました。・・・(中略)・・・そのようにして慎重に各社の提案内容や製品の機能性および操作性を評価し、さらに導入/維持コストなどを総合的に判断した結果、図研のVisual BOMの採用を決定しました。要求仕様を満たしていることに加えて、特別提案依頼事項に対する実現方法や、特に3D CADとの連携、3Dデータ活用に関する評価が高く、将来性もふまえた上で、Visual BOMが当社に最も適していると判断しました。・・・(続きは本文をご覧ください)

詳細はこちら

船井電機株式会社 様

(本文より)・・・とりわけ、部品コストをはじめとする製品原価を決定するための情報が集約され、設計段階から活用できることは非常に重要になります。 例えば、最適な調達・製造拠点を検討する際には、拠点ごとの部品調達コストを集約管理し、構想設計段階で素早く集計を行うことが求められます。また、製品ラインナップごとのコスト情報は、営業サイドで小売店などに価格提案を行い、受注を獲得するための元情報として、必要となります。当然、この種の情報管理では部品サプライヤ―などとのやりとりも頻繁に行われます。そのサイクルを素早く回すことが、市場に製品を送り込むためには非常に重要になるわけです。そこで・・・(続きは本文をご覧ください)

詳細はこちら

三菱電機株式会社 伊丹製作所 様

…車両用電機品は人間が利用する社会インフラの一部という性質上、製品の安全性・信頼性についても注意を怠ることは出来ません。最新技術の導入や、小型化などを推進すればするほどに、製品の品質を維持向上するためのさらなる努力が求められます。しかも、要求される納期はますます短くなってきていますから、設計の安全性や信頼性をチェックする検証作業は、限られた時間のなかで確実な結果を求められます。そうした状況での我々の取組みですが… (続きは本文をご覧下さい)

詳細はこちら
  • 1
  • 2

ページトップへ