Product
製品

2つの活用シーン

1.設計(変更)情報を一元管理し、他部門に伝達するプラットフォームとして

BOM(製品構成、品目)をビジュアライズ

  • BOMに含まれている原価や納期などの数値情報を3D形状に色付けを行なうことで様々な角度から製品評価を支援
  • 3Dビューワ上での計測や断面確認で図面表記されてない箇所の寸法確認も容易
  • 検索結果に自動で生成されたサムネイル画像を表示することで目的の部品を迅速に確認
原価情報、納期情報の数値情報3D形状イメージ
品目データイメージ
検索結果イメージ

設計変更のビジュアライズ

設定変更イメージ

オーサリング(設計情報のエクスポート)

エクスポートイメージ

2.戦略的に部品標準化・モジュラー化を推進するための道具として

戦略的標準化、共通化推進プラットフォーム

無駄な新規部品発生を抑制する類似形状検索

3D形状を組合せた検索イメージ

設計中に既存部品を3D-CADダイレクト類似形状検索

3D-CADダイレクト類似形状検索イメージ

標準部品選定支援と共用部品への誘導

共用部品か新規部品かを色分け表示イメージ

visual Configurator(モジュラーデザイン)

visual Configuratorイメージ