ホーム > 資料・情報 > ホワイトペーパー >

古くて新しい課題"ナレッジマネージメント" への図研流アプローチ

ホワイトペーパー

古くて新しい課題"ナレッジマネージメント" への図研流アプローチNEW

古くて新しい課題"ナレッジマネージメント" への図研流アプローチイメージ

ナレッジ活用ソリューションKnowledge Conciergeについて、株式会社 図研 常務取締役 プリサイト事業部長(現:株式会社 図研プリサイト 代表取締役社長)上野 泰生が執筆したホワイトペーパーです。
(全17ページ,PDFファイル,約1.1MB)

【概要】
品質向上や技術伝承の手段として、自社が潜在的に持っているはずのナレッジを、どう顕在化させて使いこなすのか?製造業にとって、ナレッジ活用は古くて新しいテーマと言えます。過去、多くのITベンダーが、様々なナレッジ管理のソリューションを提供してきましたが、その結果は双方にとって決して満足のいくものではありませんでした。 

最大の理由は「ナレッジマネジメントを成功させるには、継続的に多大なリソースが必要である事」です。

当社はここにフォーカスを当て、リソースをかけずにナレッジマネジメントができないか、その手法やしくみについて研究開発してきました。 本資料では、その背景と共に具体的なソリューションについて紹介していきたいと思います。
古くて新しい課題"ナレッジマネージメント" への図研流アプローチイメージ
古くて新しい課題"ナレッジマネージメント" への図研流アプローチイメージ
  • 前へ
  • 一覧へ戻る

ページトップへ