ホーム > 製品情報 >

BOMソリューション

BOMソリューション

いまやビジネスの場は日本国内に留まらず、グローバルに展開していくことが必須の状況です。このグローバル化に伴う製品バリエーションの増加や開発生産の海外移管、競合との価格競争対応など、モノづくりにおけるプロセス改革が急務となってきております。
これに伴い、BOMに求められる役割も、手配情報の伝達媒体から、QCDをつくりこむ、製品情報プラットフォームへと変化する必要があります。
図研プリサイトはラティス・テクノロジー社との資本提携により、BOMのビジュアライズに成功しました。今まで単なる帳票でしかなかったBOMに、設計の意図が加わることで、モノづくりに関わる全ての部門を横断して、製品情報の共有ができる、革新的なモノづくり支援プラットフォームを生み出したのです。

図研プリサイトの 'BOM'はBill of Materialsに留まりません。モノづくりの基盤と言う意味を込めて、 "Basis Of Monozukuri"という新しいコンセプトを提唱しています。
さがす、つくる、評価する、伝える。BASIS OF MONOZUKURI PreSightのBOM

3D活用により、ものづくりの「意思がつながる」PLMプラットフォーム

取り組みテーマ、適用範囲の変化に柔軟に対応できるラインナップ

関連製品

  • お問い合わせ
  • 製品カタログ資料請求
  • 本製品は、「生産性向上設備投資促進税制」の対象となっています。詳しくはこちらを参照してください。

ページトップへ