ホーム > 製品情報 >

BOMソリューション

BOMソリューション

いまやビジネスの場は日本国内に留まらず、グローバルに展開していくことが必須の状況です。このグローバル化に伴う製品バリエーションの増加や開発生産の海外移管、競合との価格競争対応など、モノづくりにおけるプロセス改革が急務となってきております。
これに伴い、BOMに求められる役割も、手配情報の伝達媒体から、QCDをつくりこむ、製品情報プラットフォームへと変化する必要があります。
図研プリサイトはラティス・テクノロジー社との資本提携により、BOMのビジュアライズに成功しました。今まで単なる帳票でしかなかったBOMに、設計の意図が加わることで、モノづくりに関わる全ての部門を横断して、製品情報の共有ができる、革新的なモノづくり支援プラットフォームを生み出したのです。

図研プリサイトの 'BOM'はBill of Materialsに留まりません。モノづくりの基盤と言う意味を込めて、 "Basis Of Monozukuri"という新しいコンセプトを提唱しています。
さがす、つくる、評価する、伝える。BASIS OF MONOZUKURI PreSightのBOM

visual BOMコンセプト

構成や品目情報に図面・書類を関連付けて、設計から製造への手配情報を伝達する従来のBOM(Bill Of Material)に、3D CADデータを数百分の一にまで軽量化する、XVLテクノロジーを融合しました。この先進的なエンジニアリング・プラットフォーム(visual BOM)により、特に設計とそれ以外の部門との間にある壁が取り払われ、高度なコミュニケーションが出来るようになります。

visual BOM

  • お問い合わせ
  • 製品カタログ資料請求
  • 本製品は、「生産性向上設備投資促進税制」の対象となっています。詳しくはこちらを参照してください。

visual BOM

visual BOMメカニズム

  • XVL実装によるマルチCAD対応
  • CADデータをXVL経由で「構成情報」と「品目ごとの3Dモデル」に要素分解し、BOM情報としてインポート
  • BOM⇔3D(XVLビューワ)双方向のクロスプロービング/ハイライト表示

visual BOMメカニズム

設計上流段階でのBOM活用(Design-BOM)

  • Design-BOM:設計の最終段階で手配用に作成されてきたEngineering-BOMに対し、設計上流における試行錯誤の段階のBOMのことを指し、3DCADとBOMを連携させることにより、実現が可能
    • CADからの構成取込み時に、新規部品には仮品番を自動採番して品目DBに登録
    • 未採番部品混在状態の未確定な設計仕掛り構成情報も、形状情報が存在することにより視覚的に管理可能
    • Design-BOMの変更履歴をスナップショットとして保存可能
    • 設計仕掛りフェーズにおける部品の共通化・標準化推進を支援
    • 設計上流段階からのBOM活用により、QCD早期作り込み(フロントローディング)を実現
    • 設計仕掛構成を全部門で情報共有できることにより、コンカレントエンジニアリングを推進

D-BOM(Design-BOM)運用

全部門での3Dデータ活用

超軽量化された3Dデータ(XVL)が、BOMをコンテナとして全社的に流通し、活用されます。

全部門での3Dデータ活用

visual BOM 2つの活用シーン

1.各部門が日々の業務でQCDをつくりこむプラットフォームとして

従来のBOMは、設計から製造・購買へと工程が引き継がれる段階で図面と共に作成され活用されてきました。しかし、グローバル化に伴い、製品バリエーションの増加や細かなカスタマイズにより顧客ニーズへの対応が必要となってきております。
そこで設計上流・企画段階からアフターサービスに至るまで、設計資産であるBOMを活用して、QCDの作りこみのフロントローディングを実現する必要があります。そのためには、製品構成を誰もが共有出来る必要があり、単なる帳票ベースのBOMでは活用は限定的になります。
visual BOMでは、BOM(品目)に超軽量化された3Dデータ(XVL)を紐付け管理することで誰でも何時でも簡単に製品構成と3次元形状を確認でき、より上流段階でのQCD作りこみを実現できるプラットフォームです。

詳細はこちら
プラットフォームイメージ

2.戦略的標準化・モジュラー化を推進するための道具として

産業機器メーカーは少量多品種生産かつ製品ライフサイクルが長いことが特徴です。グローバルな製品開発競争に勝ち抜くためには、部品やユニットの標準化・共通化を更に推進していき、TTM短縮・生産性の向上を図っていかなければなりません。
visual BOMでは、標準化・共通化を検討するために必要な蓄積されたコスト、出荷数等の実績情報に加えて、形状情報を突き合わせて検討できるため、強力に標準化・共通化を推進します。

詳細はこちら
  • お問い合わせ
  • 製品カタログ資料請求
  • 本製品は、「生産性向上設備投資促進税制」の対象となっています。詳しくはこちらを参照してください。

ページトップへ

BOM Producer

BOMシステムとしての基本機能

BOMシステムとしての基本要件をパッケージ機能として実装したシステム。visualBOMのベースとなっており、将来的にアップグレードも可能。製品企画・営業引合の段階から調達・製造・サービスまでエンジニアリングプロセス全般に渡る目的別BOMをサポート。

BOMシステム

高速レスポンス

  • 業界最速レベルの高速なレスポンスを実現
  • 大規模アセンブリの高速正展開⇒1万点の構成で約3秒
  • 末端部品からの逆展開表示もストレスなく実行可能
  • ネットワーク帯域が細い地域からのアクセスもレスポンスの劣化を最小限に留め実現

高速レスポンス

設定ツール(オーガナイザー)

  • Web ブラウザで動作する管理者向けの専用設定ツール
  • 品目詳細/製品構成編集等の各画面における表示や振る舞いを定義
    - お客様の状況に合わせ柔軟に設定変更が可能
高速レスポンス
  • お問い合わせ
  • 製品カタログ資料請求

ページトップへ