ホーム >

製品情報トップ

製品情報

図研プリサイトは、「BOM」「3D」「ナレッジ」の3要素を軸に、様々な製品・サービス・ソリューションを提供しています。

BOM 3D ナレッジ

BOMソリューション

関連製品

いまやビジネスの場は日本国内に留まらず、グローバルに展開していくことが必須の状況です。このグローバル化に伴う製品バリエーションの増加や開発生産の海外移管、競合との価格競争対応など、モノづくりにおけるプロセス改革が急務となってきております。
これに伴い、BOMに求められる役割も、手配情報の伝達媒体から、QCDをつくりこむ、製品情報プラットフォームへと変化する必要があります。
図研プリサイトはラティス・テクノロジー社との資本提携により、BOMのビジュアライズに成功しました。今まで単なる帳票でしかなかったBOMに、設計の意図が加わることで、モノづくりに関わる全ての部門を横断して、製品情報の共有ができる、革新的なモノづくり支援プラットフォームを生み出したのです。

図研プリサイトの ‘BOM’はBill of Materialsに留まりません。モノづくりの基盤と言う意味を込めて、 “Basis Of Monozukuri”という新しいコンセプトを提唱しています。

BOM

ナレッジ活用ソリューション

関連製品

ナレッジ活用は、以前より必要性は謳われているものの、その運用維持・管理の面でなかなか定着するのが難しい課題です。
PreSightのナレッジ活用は、従来から存在するナレッジDBや全文検索ツールで課題となっていた運用維持・管理の問題や個人スキルによる検索結果のバラつきを解消する新たなナレッジ活用ソリューションを実現しました。
Knowledge Explorerで企業内で埋もれているナレッジを誰もが使える情報へと変えることにより、設計手法の共通化、設計品質の平準化を実現します。

3Dソリューション

関連製品

PreSightの3Dソリューションでは、3D CADはもちろん、3D設計をストレスなく導入・運用するための様々なサービスも提供しています。
ただ単に3次元CADでモデリングをするだけでは、時間もかかり設計業務の効率化は図れません。設計者が個別に1から作成する3次元モデル数をいかに減らせるかが効率化のポイントとなります。そのためにモデルのテンプレート化と流用率向上を図ります。CATIAのナレッジ・テンプレート機能を用いて、パラメーターによりモデルの形状をコントロールし、可能な限り省力化、自動化を行います。また、作成された3次元モデルは製品構成と紐付けてPDMで管理することで検索性を高め、派生機種の流用設計が容易に行えるようにします。これにより、モデル作成数を劇的に減らし、設計の効率化を実現します。

ページトップへ