ホーム >

用語集

用語集

サーフェスモデル閲覧された回数:0

サーフェスモデル(英:surface model)とは、3D CADや3DCGの表現手法の一つで、立体図形を多角形の面(ポリゴン)の集合として扱う方式のことである。

材料力学閲覧された回数:0

材料力学とは、構造材に負荷を加えた時の変形、破壊の原理を研究する学問のことである。製品の安全設計の観点において、すべての機械設計者が十分理解しておくべき知識でもある。材料力学は、複雑な機械構成物すべて・・・(→続き)

シソーラス閲覧された回数:0

シソーラス(英:thesaurus)とは、言葉を同義語や意味上の類似関係、包含関係などによって分類した辞書、あるいはデータベースのことである。 シソーラスは、全文検索システムなどで利用されている。例え・・・(→続き)

CRM閲覧された回数:0

CRM(英:Customer Relationship Management)とは、ITシステムを用いて顧客の属性や接触履歴を記録・管理し、それぞれの顧客に応じたきめ細かい対応を行って顧客満足度を向上・・・(→続き)

CAE閲覧された回数:0

CAE(英:Computer Aided Engineering)とは、コンピュータ上で製品の性能を評価(シミュレーション)できるシステムのことである。CADで作成されたデータを使用して、構造解析や流・・・(→続き)

垂直統合閲覧された回数:0

垂直統合とは、製品の企画、開発から製造、販売に至るまで、全てのプロセスを自社内、または自社のコントロールが及ぶ関係会社で組織することである。水平分業の対義語として用いられる。水平分業と比較して、サプラ・・・(→続き)

水平分業閲覧された回数:0

水平分業とは、製品の開発や製造の一部を、外部企業に発注して製品化することである。例えば、スマートフォンの製品化において、自社は企画と基本設計のみ実施し、他はすべて外部メーカーに委託することなどがこれに・・・(→続き)

STEP閲覧された回数:0

STEP(英:STandard for the Exchange of Product model data)とは、国際標準化機構(ISO)によって策定された、CADデータ交換用のファイルフォーマット・・・(→続き)

3D CAD (3次元CAD)閲覧された回数:0

3D CAD(3次元CAD)とは、物体の形状をコンピュータ上で立体的に描画して設計できるCADのことである。2D CADと比較して、図面に関する専門知識を持たなくても、容易に形状が把握できる特長を持つ・・・(→続き)

3D単独図閲覧された回数:0

3D単独図とは、幾何公差や仕上げ記号などの注釈、および表面処理などの注記を、3Dデータ上で表示できるようにしたものである。 従来、注記・注釈記号は2D図面にしか入力できなかったため、3D CADを利・・・(→続き)

  • 1
  • 2
  • 次へ

ページトップへ